2020_hige_long.png

西岡 寛礼 ​Hiroaki Nishioka

幼少期に二人の兄からの影響と、幼少の頃から見聞きしたアニメ・マンガ・ゲームや映画などの影響を受けて絵や立体を制作し始める。
高校生のとき、模様を使った作品を制作するようになり、現在に至るまで続けている。
架空の人やものをモチーフに、平面、立体、その中間のような表現の作品をボールペンや粘土といった身近(単純)な素材で制作する。
現在デザイナーとして会社に勤めながら、創作活動を行っている。

2010年 金沢美術工芸大学 視覚デザイン専攻 卒業
2010年 金沢美術工芸大学卒業制作展 出展
2016年 3days Drawing Show 出展
2016年 第22回 極美展 新人賞受賞
2017年 二人展(デザインフェスタギャラリー) 開催
2018年 デッサン行進とペインティング 出展
2019年 語らうアート展 出展

2022年 Arte de aco主催 グループ展「絵のある生活 vol.15」出展